読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑記3

心ときめかすものが見たい。随分と胸と喉のあたりがざわついて落ち着かない。臍の下あたりの緊張による不快感。嫌な汗。痛い右腕。すべてを誤魔化すにはなにか熱中できるような、思考の全てをかっさらってくれるような、心をときめかしてくれるものが必要だ。

水槽の彼女

濁った水槽。 浮かび沈み、また揺らぐおぼろげな私。 手繰り寄せて、紡ぎ繋ぎ止め。 声は遠く、瞳は近く、躰は遠く。 時計の螺子を巻いて。針を進めて。 見つけて欲しかった。 在りし日の、あなたの魚。 海の底、透明な壁の向こう。 聲も名も無くしたいつか…

雑記2

さて、今日は好きな曲についてでも書こうと思う。 私はジャズっぽい雰囲気の、歌詞が直球では無い、どこかノスタルジーを感じさせる悲しかったり落ち着いた雰囲気の曲が好きだ。例えをあげるなら「EGO-WRAPPIN」「椎名林檎」あたりだろう。まあとにかくそう…

雑記1

しばらく気分がよかったものの、ジェットコースターばりの急降下を見せる今日この頃。気温差が激しい冬と春の境目にもう花粉が飛び始めているようだ。喉の上が痒く、ぐっぐとつい舌で擦ってしまう。悪化すると確実に喉の風邪にもかかるのでやめたいのだが、…